社員メッセージ

鎌倉 vitro実験担当 2010年入社

業務内容

現在は主に2つの業務を担当しています。1つめは創薬スクリーニング業務です。疾患の原因であると考えられる標的分子に結合する中分子化合物のスクリーニングを担当しています。2つめは抗がん剤研究における薬効評価です。複数の研究テーマにおいて、がん細胞株を用いてin vitroにおける薬効を評価しています。学生時代はRNA結合タンパク質の機能解析の研究を行っていました。その際に習得した実験手法を一部現在も使用しています。実験系構築やデータ解析における考え方も現在の仕事に活かされています。

仕事のやりがい・魅力

現在の仕事は、新規技術を用いた創薬研究に携われるところが魅力です。「ヒトのためになる薬を創りたい」という私のモチベーションは入社当初から変わらず、有効な薬剤がない疾患において新たな標的に対する薬を創出し患者さんに届けたいという思いで日々仕事に取り組んでいます。
仕事を行う上で必要な最新の情報は文献検索や学会参加を通じて収集しています。文献検索についてはロシュ・グループにおいて利用可能な文献閲覧システムを活用することで、膨大な種類の文献にアクセスすることができます。そのようにして収集した情報から、新規の実験手法を業務に導入することを提案したり、既存の方法を改良することに面白味を感じています。

職場環境

当社の社員は、トップ製薬企業を目指す中外製薬のパートナーとして高い技術力と専門性を求められており、業務を通して実験技術の向上に取り組むことができます。さらに人財育成や英語学習支援を目的とした中外グループ共通の研修制度を利用することができるなど、継続的にチームで成果を創出するための支援体制が整えられています。また、フレックスタイム制度が採用されていて、仕事とライフイベントが両立できる働きやすい環境です。私は休日は趣味のアマチュアオーケストラの活動をしていて、チームビルディング、情報共有、論理的思考など、仕事で学んだノウハウの一部が意外に趣味でも活かされています。オーケストラの活動は仕事の良い気分転換となり、ストレス解消になっています。

トップに戻る