社員メッセージ

鎌倉 分析・測定担当 2007年入社

業務内容

臨床試験における薬物や代謝物、バイオマーカーの測定が主な業務になります。これらの測定にあたり、測定法の開発とバリデーション試験を行っています。得られた結果は医薬品製造販売承認の申請資料の一部に用いられ、各国のレギュレーションが要求する品質の業務レベル(信頼性保証レベル)が求められます。測定法の開発や改良は社内外の情報を参考に各担当者が取り組んでいます。
臨床試験における重要な測定結果であり、開発計画全体に影響することもあって、短期間で計画通りに測定を完遂しています。

仕事のやりがい・魅力

ある時、「中外製薬で開発中の薬なら、週一回の投与が月一回投与になり、患者さんの負担が軽減できる」と期待するコメントを、ある病気の掲示板で見ました。ちょうど関わりのある開発品でしたので、滞りなくデータを提出しなければという使命感が沸き上がったのを覚えています。
良い測定系が開発できた時、例えば、LC-MS/MS法では短時間での測定が可能で堅牢性が高い測定系、Immunoassay法では望まない分子間相互作用を排除した測定系が開発できた時、あるいは短期間で臨床検体の測定結果を提供できた時などには達成感があります。

職場環境

穏やかな雰囲気の職場だと思います。私は、入社後数年は現在と異なるグループにいました。どちらのグループでも、メンバー同士は、程よい加減で時に厳しく、時に優しくあるため、先輩後輩の壁というのはあまり意識していません。
鎌倉という立地上、山も海も近く、私生活でのアクティビティもたくさんあります。休日はもちろんですが、平日の終業後もランニングや自転車で運動してリフレッシュするなど、オンオフのメリハリを付けて楽しんでいます。

トップに戻る